フリーランスネイリストの私がフリーランス戦闘力診断をやってみた

フリーランス戦闘力診断

スポンサードリンク



私、占いとかはあまり興味がないんですけど、統計学とかの診断ってすごく好きなんです。

私の性格ってどういう感じかな?とか、何に向いていて何に向いていないのかな?とか。
自分のことを知るってすごく大事だと思うんですね。
特に、何かを始める時に気になりませんか?

今私は、オランダでフリーランスネイリスト・アイデザイナーとして3年目。
よっしゃ!フリーランスでやるぞ!!と始めたわけではなかったですし、今も今後はどうしていこうかなぁというのが常に課題だったりして、、、。

まぁ、悩み多き年頃ですよね。
(とか言える年頃はとっくの昔に過ぎたのだけれど)

というわけで、フリーランスに向いているか向いていないか知らずに見切り発車でフリーランスとして活動し始めた私が、ツイッターで話題になっていたフリーランス戦闘力診断というのをやってみました。

フリーランス戦闘力診断とは

フリーランス戦闘力診断とは、ユング心理学とフリーランスとしての戦闘力をかけ合わせて、あなたの性格に合わせた独自のフリーランス独立プランを提示するサービスです。

「ユング心理学」は90年以上の歴史がある、世界で最も権威のある心理学の学問です。
また、フリーランス戦闘力とは、あなたのフリーランスとしての現在地を明らかにしたうえで、安定した独立を果たすためにやるべきことのアドバイスを受けることができます。

フリーランス戦闘力診断 より引用

いくつかの簡単な質問に答えると、

  • ユング心理学に基づく、「あなたの性格タイプ」の診断
  • 独自の計算式による、あなたの「フリーランス戦闘力」の診断

自分のフリーランスとしての戦闘力が分かり、そしてフリーランスとして働く上でのアドバイスも受けられるという診断テストです。

ちなみに、この診断内容を作られている方はネット系のフリーランスなので、設問の中には「これは私のようなネット系じゃないフリーランスにも当てはまるのかしら?」と思うものもあります。

 

私は外向思考タイプ

さて診断をやってみたところ私は、8つのタイプの中から「論理的思考力が普通の人よりも高いと言われている」という外向思考タイプでした。

フリーランス戦闘力診断

以下、詳しくみていきます。

わたしの性格「論理的に考えると、こういう理由で、こうなるよね」

このタイプの性格のあなたは、優秀な分析で行動力に優れています。
非常に優秀で、他の人と競争する環境におかれると、すぐれた結果を出すこともしばしばあります。現実社会で評価されやすいタイプNo.1です。

他人からは「頼りがいがある人」とみなされることも多く、リーダー等のポジションに推薦されることもあったはずです。
論理性や分析力にすぐれるため、毎日同じことをするよりも、自分でドンドン改善できる環境に身を置くほうが、高いパフォーマンスを出すことができます。

ちなみに、感情や感覚よりも合理性を重んじる、いわゆる「男性脳」というのも、このタイプです。

感情や感覚よりも合理性の男性脳。
もう、わかりみしかない、、、。

ただ、分析力は苦手な方で数字とかは弱いです。
かなり飽き性なので、毎日同じことをするのが苦痛で苦痛で、、、自分でドンドン改善しているのかどうかは分かりませんが少しでも何かしら変化をもたせたいと思いますね。

一方で、感情的なものにはあまり価値を感じていない側面があります。
例えば、記念日やクリスマスなどのイベントにも、心の底ではあまり意味を感じていません。
時々、感謝や愛情などの言葉を、相手に言葉にして伝えることをおろそかにするため、「ドライで冷たい人」と誤解されることもあります。

リーダー適性のあるあなたですが、感情的なものを置き去りにしてしまうと、求心力を失ってしまうこともあるので、要注意です。

確かに、感情を表現するのは苦手。
ドライで冷たい人と誤解される、、、ことも承知しているけども、誤解されたらされたでしょうがないなと割り切っています。

仕事をする上で得意なこと

  • 分析や論理性が生かせる環境で、結果を出すための方法を考えること
  • 数字やデータなどを活かして、より良いものを生み出す仕事

数字やデータではっきりと結果がわかることは好きです。
ただそれを活かしきる能力は無いのだけど、、。

あなたが最高のパフォーマンスを出せる環境

  • やっている仕事が、社会的にも高い評価を得られる環境
  • 優秀な人に囲まれた環境

ん〜これはどうなんでしょう。
やっている仕事(ネイリストやアイデザイナー)は、社会的に高い評価を得られるものでは決してないです。
優秀な人に囲まれた環境なら自分がプレッシャーを感じたりするかもしれないと思うのですが、優秀な人に囲まれると自分の基準が上がるので常にスキルアップしたいと思っている私にはそういうプレッシャーがあったほうが良いですね。

あなたの特徴

  • 目指すゴールを明確化して、そのための手段を考え、一つ一つ実行していくことができる
  • お金持ちや、ブランド商品などに強く憧れている

これはどちらも違うかなぁ。
目指すゴールが明確化できず、わりかし思いつきで突っ走っている気がします。
お金やブランド商品には全く興味がないし、むしろ物を持たないミニマリストなのでいかに所持しないかにこだわっています。
ブランド商品よりも、合理的に考えて、軽いかとか使い勝手が良いかを重視しています。

苦手な仕事

  • ルーチンワークが決まりきった仕事
  • 他人の気持ちをくみ取って、それに配慮する仕事(接客や介護など)

飽き性なのでルーチンワークは本当に無理。
常に刺激や変化が欲しいですね。

そして、フリーランスに向いているかどうかの診断で、まさかの結果に、、、。
接客に向いていないネイリスト!!!

確かに、日本でネイリストをしていた時は、私ネイリストに向いてないなー接客に向いてないなーと思っていました。
でも、「他人の気持ちをくみ取って、それに配慮する仕事」というのが、日本とわたしが今働いている海外(オランダ)では少し感覚が違うかなと思います。

日本では自分らしく接客をすることができなくて苦痛だったけど、今はそれができる環境なので。

犯しがちな失敗

  • 結果や数字を重んじるあまり、他人の感情を置き去りにしてしまうこと
  • 世間的な成功に囚われすぎてしまうこと

世間的な成功に囚われることは無いかなぁ。
人は人、自分は自分と思っているので、人と自分の成功や幸せが違うことは普通だと思っているので気にしません。

あなたが人から言われやすい一言

「冷静で、頭いいよね!」

「頭いいよね!」は言われてるのか分かりませんが、冷静は納得。

終わりに

こんな感じで、当たっていたりちょっと違うかなというところもありました。
自分でこういう側面があるんだーとか気づいていなかった部分もあるので、当たっているところやプラスのところを伸ばしていければ良いですよね。

フリーランス戦闘力診断は、無料で受けられて3分ほどで終わります。
フリーランスに挑戦したいと思っている人も、そうでない人も、ちょっとした性格診断のような感じで向き不向きを考えるきっかけにフリーランス戦闘力診断をやってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です