\\ 海外3カ国目ネイリストaiの公式LINEはこちら//

【ティッシュで簡単に爪の長さ出し】強度のあるティッシュスカルプをやってみました

ティッシュスカルプ

スポンサードリンク

ティッシュスカルプについて知りたい人
  • チップやフォームは難しいけど、それ以外で爪の長さだしの方法を知りたい!
  • ティッシュで爪の長さだしはどうやってやるの?

こんな疑問にネイリストの私が答えます。

今回の記事を動画でご覧になりたい方はこちら

ティッシュで爪の長さ出し=ティッシュスカルプ

ティッシュを使って折れた爪の長さ出しをしていきます。

ティッシュで爪の長さ出し完了

爪の長さ出しをするのには、色々なやり方があります。

アクリルという粉と液体を使用したり、ネイルフォームを使用したり、

 

チップを使用したり、、、

爪の長さ出しのやり方が難しかったり、専用のネイル道具を購入する必要があります。

今回は、ご自宅にあるティッシュを使ってジェルで爪の長さ出しをしていきます。

ティッシュで爪の長さ出しをするのに必要なもの

ティッシュを使ってジェルで長さ出しをするのに必要なものは下記の通り。
普段からジェルネイルをされている方であればすでに道具は持っているものばかりです。

ティッシュで爪の長さ出しをするのに必要なもの
  • ハサミ
  • ジェル筆
  • ベースジェル
  • UVライト
  • トップジェル

ティッシュで爪の長さ出しの手順

ティッシュを使ってジェルで長さ出しをするのに必要な手順は下記の通りです。
それぞれ詳しく説明していきます。

ティッシュで爪の長さ出しの手順
  1. ティッシュを爪の形に合わせて切る
  2. ベースジェルを塗る
  3. ティッシュペーパーをベースジェルで爪につける
  4. トップジェルを塗る

1、ティッシュを爪の形に合わせて切る

ティッシュを爪に合わせて、爪の端から端まで覆える横幅を確認します。

ティッシュの端を左端に合わせてから、右端の位置でティッシュに爪で目盛りをつけました。

ティッシュを爪のサイズに合わせる

その目盛りの位置に合わせて、ハサミでカットしていきます。

ティッシュを爪のサイズに合わせる ティッシュを爪のサイズに合わせる

2枚重ねになっていたティッシュがずれてしまったので、1枚だけ使用することにします。

爪の長さ出しをするティッシュをカット

カットしたティッシュが、爪の端から端までぴったりのサイズか確認します。

爪とティッシュのサイズを確認

大きすぎるとジェルがはみ出してしまったり、仕上がりの見た目がよくありません。

小さすぎると折れてしまいます。

端から端までぴったりのサイズになるようにカットします。

爪とテイッシュのサイズを確認

2、ベースジェルを塗る

爪全面に通常通りベースジェルを塗ります。

お手持ちのベースジェル何でも大丈夫です。
私は、VetroのFujiを塗りました。

ここで硬化せずに次の作業に移ります。

ベースジェルを塗る

3、ティッシュペーパーをベースジェルで爪につける

先ほどカットしたティッシュを爪の上にのせます。

すでに爪の上にはベースジェルが塗ってあるので、その上にテイッシュをのせるだけでくっつきます。

ティッシュを爪にくっつける

ティッシュの上からベースジェルを足して塗っていくと、ベースジェルが浸透したテイッシュの部分は透明になります。

爪とティッシュをくっつけたこの段階で、一度UVライトで硬化しておくと次のステップがやりやすいです。

ティッシュを爪にくっつける

 

次に、テッシュの先端にもベースジェルをのせます。

ティッシュ全部にベースジェルが浸透して透明になっています。

爪とティッシュ全体にベースジェル塗布

このままUVライトに入れるとこの形のまま硬化することになるのですが、どうやら右側が広がって見えてしまいます。

なので、右側の側面のティッシュの部分を、写真のように爪で押しながらカーブをつけようと思います。

押してカーブをつけたままライトで硬化するとそのままの形でかたまります。

爪とティッシュの幅を確認

UVライトで硬化後、

このように横に広がらず、ティッシュで伸ばした部分もまっすぐになっています。

硬化後ティッシュの広がりなし

4、トップジェルを塗る

トップジェルを塗っていきます。

長さ出しをする長さによってトップジェルを使い分けると良いと思います。

私は少し硬さのあるトップジェルを塗りました。

トップジェルを爪全体に塗る

全体的な爪の形を整えたいので、まずは1回全体的にトップジェルを塗ります。

トップを爪全体に塗る

そのまま硬化せずに、たっぷりのトップジェルを爪の真ん中に置きます。

それからその真ん中に置いたジェルのかたまりの表面だけを筆で触るようにして、そのまま根元側に移動させます。

トップジェルで根元へアーチを作る

そのあとは、ジェルの塊の表面を筆で触って先端に持っていきます。

トップジェルで先端へアーチを作る

正面から見て、ジェルが足りていないところはないか確認します。

同じようにジェルが足りていないところに、ジェルを移動させて、ジェルの厚みを綺麗に揃えます。

トップジェルで全体的にアーチを確認

UVライトで硬化する前に、全体的な形が綺麗にできているかどうか確認してください。

横から見た図、根元から先端に向かって綺麗なアーチを描いています。

 

トップジェルを塗った後 左側面からのアーチ

逆側も同じように綺麗なアーチになっています。

トップジェルを塗った後 右側面からのアーチ

UVライトで硬化したら、未硬化ジェルを拭き取ります。

トップジェル硬化後拭き取り

先端の形を爪やすりで整えます。

爪やすりで長さ形整え

爪とティッシュの境目がまっすぐつながっていて、爪の端から端までティッシュで覆っているのでここから折れることはありません。

ティッシュがサイドを覆えている状態

上下に力を入れてみましたが、全くびくともせず。
かなり強度があって丈夫です。

ティッシュで爪の長さ出しの硬さを確認

こんな感じで、ご自宅にあるティッシュで爪の長さ出しが完成しました。

ティッシュでも、見た目も強度も問題なく綺麗に長さ出しができました。

ちょっと爪が欠けたところだけ修正する場合や、少しの長さ出しなら通常通りのトップジェルで大丈夫です。

長さ出しを長くする場合は、セミハードやハードのトップで硬さを出すようにしてください。

ティッシュで爪の長さ出し完了

ハードジェルほどではないけど硬さは出るし、長さ出しも扱いやすいジェルです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です