\\ 海外3カ国目ネイリストaiの公式LINEはこちら//ネイルのやり方やネイリストの働き方などについて発信します

【シェラックネイルでアート】絶対に取れない!ストーンアートのやり方

スポンサードリンク

【シェラックネイルの教科書】これでシェラックネイルが丸わかり【プロネイリストが解説します】

2020.12.23
シェラックネイルについて知りたい人
  • シェラックネイルでストーンアートをやってみたい
  • シェラックネイルでストーンを付けてみたけどすぐ取れてしまった!

こんな疑問にネイリストの私が答えます。

シェラックネイルでストーンアートのやり方を動画でご覧になりたい方はこちら

シェラックネイルでストーンアート

シェラックネイルの上にストーンを付けてアートを楽しむことができます。
ただ、シェラックネイルは薄付きなので、きちんとストーンを付けないとストーンがポロっと取れてしまうことがあります。

今日は、この付け方をすればシェラックネイルをオフする時まで落ちない!!ストーンの付け方をご紹介します。

シェラックネイルでストーンアートに必要なもの

シェラックネイルでストーンアートをする際に必要なものは以下の通りです。

シェラックネイルでストーンアートに必要なもの

 

シェラックネイルでストーンアートに必要なもの
  • スクラブフレッシュ(お手持ちのプレプライマーまたは消毒エタノールで代用可能)
  • シェラックベースコート
  • シェラックカラー
  • ストーン
  • ウッドスティック
  • シェラックトップコート
  • UVライト
  • コットン
  • タカラクリーンワイプ(消毒エタノールまたはアセトンフリー除光液で代用可能)

シェラックネイルでストーンアートの手順

シェラックネイルでストーンアートをする手順は以下の通り。
それぞれ詳しく説明していきます。

シェラックネイルでストーンアートの手順
  1. シェラックネイルを塗る前の下準備
  2. シェラックベースコートを塗る→硬化
  3. シェラックカラーを2回塗る→硬化
  4. ストーンをのせる→硬化
  5. ストーンの周りにベースコートをのせる→硬化
  6. シェラックトップコートを塗る→硬化
  7. 表面の未硬化を拭き取る

1.〜3.までの手順はいつもと同じです。

下記の記事を参照してください。

【シェラックネイルの塗り方】持ちが良い&綺麗な仕上がりの塗り方のポイントを解説します

2021.01.08

4,以降を詳しく説明していきます。

4、ストーンをのせる

カラー2度塗りをして、UVライトで硬化し終わったところからのスタートです。

のせていくストーンを用意します。

ちなみに、こちらはSS3、SS5、SS7の大きさのストーン。

シェラックネイルは薄づきなので、あまり大きいストーンを定着させるのには向きません。

シェラックネイルにのせれるストーンの大きさ

例えばこのくらいの大きいストーンだと、今から説明するやり方でも取れやすいです。
大きいストーンを付ける場合は、アクリルなどのしっかりかたく付いてくれる素材でないとすぐストーンが取れてしまいます。

シェラックネイルにのせれるストーンの大きさ

では、実際にストーンを付けていきます。

まず、最初にシェラックベースコートを用意します。

シェラックネイルでストーンをのせる

ストーンを付けたい位置に、シェラックベースコートを塗ります。

シェラックネイルでストーンをのせる

これからストーンを爪の上にのせていきます。

ウッドスティックの先にベースコートを少し付けるとストーンが拾いやすくなります。

シェラックネイルでストーンをのせる

ベースコートを少し付けたウッドスティックをストーンにくっ付けます。

シェラックネイルでストーンアート

ストーンを拾ったらそのまま爪の上に置きます。
場所は後から動かせるので、今の段階では適当に置きたい場所あたりにのせるだけで大丈夫です。

シェラックネイルでストーンアート

では、ウッドスティックでストーンをずらして、ストーンを置きたい位置に調節します。

シェラックネイルでストーンアート

こんな感じで、さっき適当に置いたストーンの位置をきれいに並べ終わりました。

ここで一度、UVライトで硬化しておきます。

UVライト 白 ハイパワー ジェルネイル用 ホワイト 36W UVライト 単品単体 プロ仕様本体 UVランプ タイマー付き レジンクラフト用にも最適 ネイルドライヤー レジンライト 即日発送可 即納 紫外線ライト送料激安 365nm レジン液硬化/お得感
シェラックネイルでストーンアート

5、ストーンの周りにベースコートをのせる

先ほどのままだとすぐに取れやすくなってしまうので、ここから取れにくくなるようにコーティングしていきます。

ストーンの周りを囲むように、ベースコートを塗ります。

シェラックネイルでストーンアート

ストーンに高さがあるのでそこに引っかかると取れやすくなってしまいます。
なるべくその段差をなくすようにするため、ストーンの周りにベースジェルを塗って硬化します。

(ストーンの輝きを残したい場合は、ストーンの上には塗らずにストーンの周りにだけ塗る)

6、シェラックトップコートを塗る

最後にトップコートを塗ってUVライトで硬化します。

シェラックネイルでストーンアート

7、表面の未硬化を拭き取り

最後に、タカラクリーンワイプで未硬化のベタベタを拭き取って完成です。

シェラックネイルでストーンアート

タカラクリーンワイプの代わりにお手持ちのエタノールもしくはアセトンフリー除光液でも代用可能です。

このように、ストーンの周りをベースコートで囲んで段差を無くしておくことで、シェラックネイルをオフする時までストーンが取れることはありません。

一手間加えることで長持ちストーンアートができますので、ぜひ試してみてくださいね。

【シェラックネイルでフレンチ】やり方と上品に仕上がるおすすめのベースカラーを紹介

2020.05.09

【シェラックネイルの教科書】これでシェラックネイルが丸わかり【プロネイリストが解説します】

2020.12.23
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です