質問【オランダと日本のネイルの違い】ネイルアート・好むネイルの色・ネイルサロンの通い方

スポンサードリンク



こんにちは、オランダのネイリスト ai です。
今日は、ブログ記事のコメント欄に以下のメッセージをいただいたので、それに返信していこうと思います。

こんにちは! オランダが大好き、ネイルも大好きで、いつかオランダに住む事を夢見て検索していたら、aiさんのページに辿り着きました!
貴重な情報をありがとうございます(^ ^)

オランダ人はネイルアートに興味がないとの事ですが、オランダ人が好むネイルの色はありますか?
例えば日本人なら、ベージュやピンクなど、淡い色を好む傾向にあると思うのですが、オランダ人はどうでしょうか?

また、オランダ人はネイルポリッシュの為に割とサロンに通う人が多いんですかね?
日本人ならネイルポリッシュなら自分でやる人が割と多いイメージで、サロンへはポリッシュだけど特別な日の為にプロにやってもらったり、そのサロンの常連だったり、アートを求めてサロンに通うイメージがあるのですが。
なんだかわかりにくくなってしまい、申し訳ありません。

お手隙の際にご返信頂けますと幸いです。ここまで読んで下さり、ありがとうございます。(^ ^)
(インスタ、フォローさせて頂きました(^ ^)

メッセージありがとうございます。
私が感じることをつらつらと書いていこうと思います。

オランダ人はネイルアートに興味がない

私が住んでいるアムステルダムの街中でネイルアートを爪に施している一般のオランダ人女性をあまり見ることがないので、オランダ人女性はネイルアートに興味がないのかな?とも思うのですが、そもそもネイルアートのメニューをやっているネイルサロンがあまりありません。
また、ネイルアートができるネイリストが少ないというのも理由になり得ると思います。

なので、もしかするとネイルアートをやりたいと思っていても出来るネイルサロンが見つからないのかもしれません。

私の爪を見て褒めてくれるオランダ人の方もいますし、私のお客様からも「周りから褒められた」と聞くので、多少なりとも関心があるのかな?とは思いますが。

あとは、日本人・アジア人と比べると、美容に無関心というか美容にあまりお金をかけない傾向にあるので、ネイルアートをやりたいと思っても値段を考えるとやらないという選択に落ち着くのかもしれないです。

そういえば、だいぶ昔(オランダ1年目)のこと。

ワンカラーご希望のオランダ人のお客様に施術途中、「やっぱりフレンチをやろうかな」と言われたので、ワンカラー+フレンチの値段で再度ご案内すると、「なんでフレンチを追加するだけで高くなるのよ!?」と言われた怒られたことがありました。

結局値段が高くなるならワンカラーで良い、と。

  • タダだったらネイルアートをやってみたい
  • 安かったらネイルをやってみたい

そう思っている方はたくさんいると思うので、興味関心がないというと語弊がありますね。

ネイルアートに価値を感じてその対価としてお金を払いたい、と思う方が圧倒的に少ないと言えます。

まぁでもやはりそれ以前に、そもそもネイルアートをやりたい!という方は日本と比較するまでもなく少ないです。

私がオランダにやってきた4年前と比べると、ネイル(ワンカラー)をしている女性をたくさん見かけるようになりましたし、雑貨屋さんなどでもネイルアート材料やネイルチップなどの種類が増えてきたので、まだまだこれから変わっていくかもという感じはしています。

日本はジェルネイル、オランダはジェルポリッシュ

日本はほぼジェルを扱っているネイルサロンが多いですが、オランダではジェルポリッシュかアクリルがメインです。

ジェルポリッシュで有名どころだとこのシェラック。

シェラックはセルフネイルにもおすすめなので以前書きました↓

【セルフネイルにおすすめのブランド】簡単にオフできるポリッシュジェル「シェラック」

2020.01.25

で、ジェルポリッシュでもアートが出来ないことはないんですが、日本で一般的なジェルと比べると出来るアートが限られます。

なので、ジェルポリッシュの上に簡単なアートをしている方は、ちょこちょこ見かけるようになったかなという感じです。

また、オランダではアクリル(で長さ出し)をやっているネイルサロンも多いです。
日本だとアクリルをやっているサロンが少なくなりましたよね。

スーパーマーケーットのレジ打ちのお姉さんのネイルが、ゴリゴリに長いアクリルネイル(薄いピンクワンカラーかベイビーブーマー)っていうのは割とよく見かけます。

オランダ人が好むネイルの色

日本では、ベージュやピンクの淡い色が人気…というか周りの目を気にしてそれを選んでいるということもあるんじゃないかなと思います。
私が日本にいた時に働いていたネイルサロンでは、「会社でこの色までいけるかな〜」とか「旦那の実家に行くからさ〜」みたいな、自分の意志だけじゃなくていろんな要因があってその色やデザインを選んでいるところがありました。

オランダでは、割と派手なネイルの方もいるし、おとなしい色の方もいるし…まぁそれは日本も変わらないかも。

日本よりは、周りの目を気にしてネイルの色やデザインを選ばないといけない感覚というのは無いと思います。

でも、1度びっくりしたのが、オランダ人の方で販売員をされている方が真剣に「この色は仕事でいけるかな〜」と悩まれて、結局このデザインをされたのですが…

 

View this post on Instagram

 

. 💎Amsterdam City mark xxx knitted 毎年この時期になると、違う方からオーダーいただく定番人気のデザイン。 ちょっと立体になってるニット柄に、隠れアムステルダム市マーク入り。 —————————————————— Please Tag and Follow me : ai @atelierhana_amsterdam (Lash & Nail) ——————————————————— *Bottom Lash Extensions *3D Volume Lash Extensions *Flat Lash Extensions *One by One Single Lash Extensions —————————————————— By Appointment Only *WhatsApp +31 6 22 92 04 73 *LINE ID : atelierhanaamsterdam *DM ——————————————————

A post shared by ai/Lash & Nail Amsterdam (@atelierhana_amsterdam) on

なんと、次の日仕事に行ったら注意された!とのことでした。
オランダの職場でそんなに厳しいところも珍しいかなと思いますが、2色使いはNGだったようです。

オランダ人はネイルサロンに通うのか

先に書いた通り、オランダのネイルサロンはほとんどがジェルポリッシュかアクリル。
ネイルサロンに行って、ジェルポリッシュのワンカラーかアクリルをやっている人は少なからずいます。

自分でポリッシュを塗っているんだろうと思われる方も多いですが、そんなに汚いならむしろ取ってしまった方が良くない?というレベルのマニキュアの方もよく見ます。
(日本だと、この状態で放置出来る感覚はまず無い)

そういえば、私のオランダ人の友人はベトナム人ネイルサロンに2週間に1回通っていました。
2週間に1回だなんてよほど美意識高い!と思っていたのですが、甘皮処理もされず塗りが手前からなので2週間もすると根元の伸びたところが気になってしまうそう。

まぁ、この辺りも本当に人それぞれかな〜と思います。
日本でだって、ジェルネイルにアートする人が多いかもしれないけど、スカルプに盛り盛りアートの人もいるし、全くネイルをしない人もいるし。

回答にならないようなことしか書けずで申し訳ないですが…自分でポリッシュを塗る人もいれば、定期的にネイルサロンに行く人もいれば、全く何もしない人もいます。

ただ、平均的に美意識が日本人より低いのは確実に言えます。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です