海外ネイリストの私がオランダにやってきた理由

スポンサードリンク



こんにちは、aiです。

気がついたらオランダにはじめてやってきてからすでに丸4年が経過しました。
時が経つのが早すぎて恐ろしいです。

オランダにやって来た初期の頃は「aiさんはなんでオランダに来たんですか〜?」ってよく聞かれていたような気がするんですが、最近はあまり聞かれなくなりました。

なんでだろう。

ネイリストの私がオランダにやって来た理由

さて、今回は表題の通り、私がオランダにやって来た理由を書いてみます。

というか、一言で簡潔に言えばビザに尽きるんですけど…。

ai
海外でネイリストとして働きたかった私が、海外でネイリストとして働けるビザが取れる国ならどこでも行って挑戦してみたい

と思っていて、見つかったのがオランダだった

というだけの話です。

それまでにオランダにやって来たこともなかったので、オランダについての知識は一切ゼロ。

とりあえず行ってみてダメだったら日本に帰ったら良いかな、という気持ちでやってきてそのまま5年目を迎えてしまいました。

少なくとも1年以内には一時帰国するだろうと思っていたので、色んなものを整理しないまま日本を離れたのですが、まさか今まで一度も日本に帰らないままになるとは想定もしていませんでした。

何も知らずにやってきたオランダですが、意外と住みやすくて気に入っています。

ただ、来る前はどこでも良いと思っていたので、オランダを発見する前にポルトガルやジョージアやエストニアやチリが見つかっていたら、そちらに行っていたかもしれません。
(そのあたりの国も一時移住ブームがあったような無かったような…)

ネイリストとして働けるビザが取れる国なら本当にどこでも良かったからです。

よく「ネイリストさんって、海外どこでも働けるからいいですよね〜」なんて無邪気に言われることがあるんですけど、いつも心の中で「えぇ、ビザさえあればね….」って思っています。

というのも、ネイリストとして海外でビザを取得して働くのは結構難しい(経験に基づく私調べ)と思っているからです。

事実、私のまわりで海外でネイリストやその他美容のお仕事をしている方は、国際結婚がきっかけで移住して、元々日本でやっていた美容のお仕事をその国でもはじめた、という方が多いです。

(誤解のないように言っておくと、結婚してビザがとれたらその国で働くの簡単だよねと言いたいわけではありません。)

私は、オランダにやって来る前に、フランス(パリ)やオーストラリア(シドニー)のネイルサロンを転々と働いていましたけど、その間に色々あって、、というかネイルサロンにスポンサーしてもらって海外で働ければ良いなぁと能天気に考えていてそれを目標に動いていたつもりだったんですが、それが難しいと気づいたんですよね。

また、ネイルサロンやサロンオーナーに振り回されるのはうんざりだと。

自分でビザが取れる国ならどこでも良いと思っていたところ、オランダでは労働許可が要らずに働ける(当時)ことと個人事業主ビザが容易に取得できるということを知ったので、じゃぁちょっくら行ってみるかなと。

そんな感じでやってきました。

オランダ5年目を迎えたり、コロナで営業禁止になったりして、ふと色々なことを考える今日この頃。

フットワーク軽く生きたいので、何事もノリで新しいことにチャレンジしなきゃな….とやって来た時のことを思い返したりしてみました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です