【質問】どういった流れで海外でネイリストとして働いているんですか?

スポンサードリンク



こんにちは、オランダのネイリストaiです。

下記のメッセージをいただいたので、今日はそれに対する返信を書いていきます。

こんにちは! これからネイリストとして日本でお仕事をしていくジュニアネイリストです!

どういった流れで海外でネイリストとして働いているのか教えて頂きたいです!!

海外でネイリストとして3カ国目なう

私は今、オランダでネイリストとしてお仕事をして5年目。
その前には、フランス(パリ)とオーストラリア(シドニー)でもネイリストとして働いていました。

順を追って書いていきますね。

オーストラリア・シドニーでネイリスト

日本のデパートにあるネイルサロンでネイリストとして3年間勤務してから海外に出ました。
一番最初は、オーストラリア。

海外でネイリストとして働きたい!と思っていたけど、実際にどうやったら働けるのかわからなかったので、まずは働けるビザでかつ誰でも簡単に取れるビザ=ワーキングホリデービザの取れる国の中で渡航する国を決めようと思いました。

実は、本当は香港に行きたかったんです。

しかし、ワーキングホリデーについて相談しにいったエージェントの方からの

「香港は現地の人でもあまりワーキングホリデービザについて知らない人が多いから、仕事を探すのに苦労するんじゃないかな?」

「英語を話せる人が多いけど、広東語を勉強してからの方がいいんじゃないかな?」

というアドバイスを受け、香港は断念。

その時英語が得意だったわけではないですが、英語圏の国の中でカナダかオーストラリアのどちらかにしようと思っていて、

「カナダもオーストラリアも、ネイリストの子が行って仕事見つかってたよ」と言われました。

その時日焼けしたくない思いが強すぎて、どちらも紫外線の強い国なので悩みに悩みましたが、、、、

最終的にオーストラリアにしました。

実は、ネイリストになる前は貿易会社に勤務していたことがあり、その時にオーストラリアへ数回出張で行ったことがあったので、少しでも知っているところのほうが良いだろうということでオーストラリアにしたのです。

オーストラリアでネイリストの仕事を探した話とか、実際にどんな感じで働いていたかについては、過去に書いているのでそちらをご覧ください。

フランス・パリでネイリスト

オーストラリアで1年間過ごしたあとは日本に帰って、元いたネイルサロンから声をかけてもらい一時的に働いていました。

でも、オーストラリアから日本へ帰国する時あたりからすでに、次はどこの国へ行こう?とずっと考えていて。

「海外求人 ネイリスト」でググって色んな求人をチェックしていました。

そしてその中から「パリで新しく立ち上げる日系美容サロン」のスタッフとして雇っていただけることが決まり、パリに行きました。

と言っても、こちらも会社からスポンサーしてもらってビザを取得して…というわけではなく、ワーキングホリデービザで渡仏しました。

(ワーキングホリデービザ取得にかかる費用は会社に全部負担してもらったのでラッキー!)

オランダ・アムステルダムでネイリスト

フランスのあと日本へ戻り、またサロンから声をかけてもらい日本のサロンで働いていました。

そのあとフランスに戻るかどうするか…と考えていたのですがフランスには戻らないことを決めてから、じゃぁどの国にいけるかと探していた所、オランダなら個人事業主のネイリストとして働けるということが分かりオランダにやってきました。

といっても、それまでにオランダにやってきたことがなかったので、本当にオランダに住むのかどうか半信半疑ながらとりあえずやって来てみたら気に入ったので、オランダに着いて数日で「よし!やっぱりオランダのビザとってみるか!」と動いたような感じです。

 

海外でネイリストとして働きたいと思っていたけど、オーストラリア・フランスの2か国でネイリストとして働いているうちに、「(学生ビザやワーホリビザなどの誰でもが取れるビザではなく)きちんとビザを取得してネイリストとして働くのは結構ハードルが高いのだ」と思いました。

それまでは、サロン(会社)にスポンサーしてもらってビザを取得できれば…と思っていたのですが、自分でビザを取りたいと思い個人事業主ビザが取得できるオランダにきました。

海外でネイリストとして働いた流れ

最後にまとめておくと、私が今までにネイリストとして働いた海外3か国ではこのような流れで働きました。

  • ワーキングホリデービザを取得してから、現地で働けるネイルサロンを探す
  • 日本にいる間に働けるサロンを探してから、ワーキングホリデーを取得して現地へ行く
  • 現地に着いてから個人事業主ビザを取得して、個人事業主ネイリストとして仕事をする

色んな方法があると思いますので、一つの参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です