\\ 海外3カ国目ネイリストaiの公式LINEはこちら//ネイルのやり方やネイリストの働き方などについて発信します

【海外でネイリストとして働きたい】質問に答えてみました

スポンサードリンク

こんにちは、海外でネイリストをしている ai です。

今日は、DMで質問をいただいたのでそれに対する返事を書いていきます。

(名前とアイコンを隠してブログに掲載させていただく許可はいただいています)

海外でネイリストとして働きたい

 

海外でネイリストとして働きたい 海外でネイリストとして働きたい

いきなり、大変失礼いたします。

私は今美容学校に通っているネイリストを目指している学生なのですがaiさんのビザの話のブログを読ませていただいて大変タメになったので突然で申し訳ないのですが、私も質問させて頂いてもよろしいでしょうか?

私は将来的に海外で働きたいと考えています。

出張サロンのような感じでセレブの方々を顧客にしたいと考えております。

そのために私は卒業してすぐに海外で活躍しているネイリストさんのもとでアシスタントとして働かせて頂くことや、海外に支店があるサロンさんなどを検討しているのですが実際どちらの方が私の将来の夢に近いのかがわかりません。

aiさんは実際どのようにして海外で働くことになったのでしょうか?

またビザの話になってしまうのですが日本で確実に技術を持ちお店にビザを出してもらう方法もあると思うのですが、海外でaiさんのような個人事業主ビザをとってらっしゃる方にビザを出してもらうことは可能なのでしょうか?

長々と、また拙い文章で申し訳ないのですがお暇があるときに教えていただきたいです。

というわけで、今回はこちらのメッセージに対して書きますね。

メッセージありがとうございます!

今学生さんで、すでにもう海外で働きたいと考えていらっしゃるのすごいですね。

そういえば、私も小さい頃から海外で働きたいと思っていたけど、どうやって働きたいとか考えていなかったですね。

aiさんはどのようにして海外でネイリストとして働くことになったの?

私は、ネイリストとして日本で3年勤めてから、「やっぱり海外で働きたいな〜海外でネイリストとかできたら良いな〜」と思って海外へ行ったので、かなり行動が遅かったです。

さてさて、「aiさんは実際どのようにして海外で働くことになったのでしょうか?」については、以前にこちらに書いているのでご覧くださいね。

【質問】どういった流れで海外でネイリストとして働いているんですか?

2020.11.16

日本支店から海外支店に異動してネイリストとして働く

ご質問の中にある「日本で確実に技術を持ちお店にビザを出してもらう方法」について。

日本の支店で働いて認めてもらってから海外の支店に異動するということですね?

私はこれを経験していないのと、私の周りにもいないので全く分かりません。

ただ、私もこれは考えたことがあり実際に求人に応募したことはあります。
サロンさんからの回答を聞く限り、行けたとしてもかなり先になりそうだしもしかすると行けない恐れもありそうだったので、そこにかけるのは時間の無駄だなと思ったのでやめました。

(書類審査が通った段階でそういう回答だったのと、同時に進めていた他のサロンさんの面接がサクサクと進んだのでそちらに進みました。)

ただし、その時の私は既に海外(オーストラリア)のサロンで勤務経験があり、その前に日本でのサロン経験もあったので、その時点から海外支店で働ける可能性のある日本のサロンで働くのは遠回りかなと思ったのです。

ご質問者さんのように、これから学校を卒業して働くサロンを探すのであれば、海外支店がある日本のネイルサロンに就職して、海外支店異動を狙うのもありかなと思います。

学校卒業後、技術を習得しながらお給料もいただけるので効率が良いですよね。

海外現地でビザをスポンサーしてもらう

「海外で個人事業主ビザをとっていらっしゃる方にビザを出してもらうこと」についてですが。

私が知る限り不可能だと思います。
(え、どうなんだろう、、、他の国では可能なのでしょうか?どなたかご存知の方教えてください!)

そもそも、国によってビザのシステムとか全然違いますからね。

私は、海外現地のサロンに雇用される形でビザをスポンサーしてもらう方法を目指して頑張っていたつもりでした。

しかし、ハードルがかなり高いのと自分の人生を他人に委ねている感があったのでやめました。

とりあえず行ってしまわないと分からない事もあるかなと思い、私は行ってみましたし、そこではじめて気づいたこともあるので,,,,

正直色んなアプローチの仕方があるので悩みますよね。

ただ、現地でビザスポンサーをしてもらえるサロン(会社)を見つけるためには、一人前に働ける技術とサロン運営を任せられるマネジメント能力が最低でも必要なんじゃないかなと思ったりします。

そして、縁と運!!

とりあえず言えることは、今のうちに技術と言語は頑張っておいたほうがいいのかなーと思います。

 

海外でネイリストとして働きたい!という方からの久々の相談だったのですが、私もオランダでネイリストとして働いてから色々あったなぁなんてちょっと考えるところもありますね。

海外でネイリストとして働きたいという方は、こちらもご参考にどうぞ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です